お宝保険とは

お宝保険は持ち続けましょう。

終身保険は、死亡補償と貯蓄をひとつにまとめた便利さが魅力的な保険です。
しかし、このことは貯蓄性に魅力がある場合だけです。

 

このことをふまえて、お宝保険とはどのような保険のことを言うのでしょう。
実は、お宝保険と言う名前の保険はありませんので、誤解なきようお願いします。

 

お宝保険とは、この予定利率が高い、貯蓄性が高い保険のことを言います。
実際には、予定利率が高かった、1996年4月以前に契約した保険のことを指します。
ちなみに、予定利率を記載します。
・1993年4月以前に入った保険の予定利率は、5.5%。
・1994年4月以前に入った保険の予定利率は、4.75%。
・1996年4月以前に入った保険の予定利率は、3.75%。
・1999年4月以前に入った保険の予定利率は、2.75%。
・2001年4月以前に入った保険の予定利率は、2.0%。

 

以前は、このように、5.5%以上の予定利率があったんですよね。
契約時の、予定利率は満期まで変わりません。

 

この低金利の時代に、満期まで解約しなければ、ずっと高い予定利率が
適応されるんです。

 

逆に、このことは、保険会社から見たら、とても厳しいことです。
予定利率5.5%などと言う保険は、その運用利率の5.5%を
必ず達成しなければならないのですから大変なことです。
足りなければ、自腹を切って補填が必要になります。

 

従って、保険会社は、契約してからかなりの年数が経ちます。
御家族の構成も変わりましたのでもっと良い保険がありますよ。
と言って、あのてこの手で新しい保険への切り替えをしませんかと言うことを
言ってきますので、あなたの保険がお宝保険だったら
そのまま持ち続けたら、満期になれば大きな満期金が帰ってくると思います。

 

従って、少し前に入ったと言う記憶がある場合は、すぐにでも保険の証券を
見てください。
保険会社に問い合わせると、新しい保険を勧められると思います。


お宝保険は持ち続けよう関連ページ

終身保険とは
生命保険は、人生で2番目に高い買い物だと言われています。その為、間違った保険を選ぶと、大きな損失になります。当サイトでは、あなたの人生の保険選びに、少しでもお役に立てることを願っております。